「シニアの住まい通信」の最新情報を更新

高齢者ホームの入居者募集広告で実績のある広告会社の株式会社エスコミュニケーション(資本金8,200万円、1982年設立、東京オフィス・東京都千代田区)が企画している「シニアの住まい通信」が9月9日に更新。


今回は「東京新聞」で連載中の「「高齢者の住まいナビ」に於いて、「ヘーベルヴィレッジ原町田」「パステルライフ昭島」「光が丘パークヴィラ」3施設の魅力にスポットを当て、紹介している。


「シニアの住まい通信」掲載記事アーカイブはこちらから閲覧ができます。


ヘーベルヴィレッジ原町田 外観イメージ

記事カテゴリ
最新記事
アーカイブ