「シニアの住まい通信」最新情報を更新

 高齢者ホームの入居者募集広告で実績のある広告会社の株式会社エスコミュニケーション(資本金8,200万円、1982年設立、東京オフィス・東京都千代田区)が企画している「シニアの住まい通信」が9月17日に更新されています。


 今回は読売新聞で連載中の「高齢者の住まい通信」東京圏東版・圏西版に於いて、「ヘーベルヴィレッジ奥戸」「パークヴィラ陽春館」「協栄江戸川台年金ホーム ヴィラ・ナチュラ」「ヘーベルヴィレッジ東中野」「オウカス 吉祥寺」「癒しの新宿御苑」6施設の魅力にスポットを当てて紹介している。


「シニアの住まい通信」掲載記事アーカイブはこちらから閲覧ができます。



健康増進型・賃貸シニアレジデンス「オウカス吉祥寺」

記事カテゴリ
最新記事
アーカイブ