「シニア1200人アンケート」同窓会のお誘いにまつわるあれこれ

シニア・マーケティングに強みを発揮する株式会社三栄広告社(東京都千代田区、山本直紀社長)が独自に行っている、全国に居住する50歳から79歳までの男女を対象とした『シニア1200人アンケート』。その中で「同窓会の案内があったら参加しますか?」という調査項目があり、以下のような結果を示している。


男女ともに回答はほぼ拮抗していながら、男性の方が若干ながら参加を望む声が多い。一方、男性は55歳を過ぎると「参加したい」という回答が増え、さらに70代になると参加の意向が高くなっているのがわかる。

女性については60歳を過ぎてから「参加したい」という回答が格段にアップする。女性が仕事や子育てなどが落ち着いて、自分の人生を謳歌し始める年齢に重なっていることなどが考えられる。


同アンケートではさらに「あなたは同窓会にどのようなことを期待しますか」と踏み込んだ設問があり、シニア世代ならではの奥深さであったり、「人生100年時代」を感じさせる頼もしい回答の数々が紹介されている。


アンケートの詳細は三栄広告社「シニア1200人アンケート」で見ることができる。



記事カテゴリ
最新記事
アーカイブ