「老後の資金がありません」必要最小限の老後資金は1,800万円

 垣谷美雨のベストセラー小説を原作にした、普通の主婦が夫の失職、親の葬式、子供の派手婚、姑との同居など次々に降りかかる家計の問題に立ち向かっていくコメディー、天海祐希主演の映画「老後の資金がありません」が10月30日に公開され話題となっている。老後の資金は一体いくら必要なのだろうか。


 一般財団法人全国銀行協会の試算では人それぞれ条件は違うが、夫婦2人の老後資金の一つの目安は2,500万円であるという。


 一方、総務省統計局2018年「家計調査報告」によると、60歳以上の夫婦世帯の税・社会保険料を加えた毎月の支出は26万4,707円となり、収入の22万2,834円と差し引くと毎月約5万円の赤字となる。

そうすると60歳~90歳の夫婦の必要最小限の老後資金は1,800万円となる計算だ。



記事カテゴリ
最新記事
アーカイブ