『オウカス幕張ベイパーク』野村不動産グループのサ高住


野村不動産グループの賃貸型シニアレジデンス「オウカス」シリーズ。

年齢を重ね「自宅に住み続けるのは不安だが介護はまだ早い」という方に、『住み替える』ことで健康を維持・増進し、人生を謳歌する住まいの提供が「オウカス」の理念。


3年前に開業した「オウカス船橋」を皮切りに、今年5月には「オウカス幕張ベイパーク」、6月には「オウカス吉祥寺」を開業し、来秋には横浜市日吉エリアにも新たな施設を展開する予定だ。

サービス付き高齢者住宅「オウカス幕張ベイパーク」は、広大な公園を中心に、住宅・商業施設・クリニックモール・保育園など様々な機能が一つの街に集約された複合開発エリアに誕生。 

グループが運営するフィットネスクラブと共同開発した「運動プログラム」により、常駐の運動指導員が入居者一人ひとりの健康状態を把握しながら身体機能を改善することで、健康増進・維持を目指す。さらに、館内に24時間スタッフが常駐。


看護師資格を持った医療相談員(コンシェルジュ)も常駐し、日常の健康相談にも対応するなど心身ともにきめ細かなサポートを実践。交流イベントやサークル活動も盛んで、毎日いきいきとした暮らしを提供している。 


建物案内会を随時受付中(要予約)、お問い合わせはお気軽に。

■建物案内会予約・資料請求

オウカス幕張ベイパーク電話0120・910・234

記事カテゴリ
最新記事
アーカイブ

© 2017 株式会社日本シニアリビング新聞社