がん患者をサポートするホテル7月1日開業

三井不動産株式会社および株式会社三井不動産ホテルマネジメント、国立研究開発法人国立がん研究センターは、「三井ガーデンホテル柏の葉パークサイド」(所在:千葉県柏市柏の葉6丁目5番2)を2022年7月1日に開業する。


本ホテルは、公・民・学連携で街づくりが推進されている柏の葉スマートシティ内にある、国内有数のがん専門病院・国立がん研究センター東病院(以下、NCC東病院)の敷地内に立地し病院と隣接していることで、がん患者と付き添いご家族の利便性の向上を図る。また、柏の葉スマートシティで形成を進めるライフサイエンス拠点の中核であり、新たな診療モデル創出の場としての活用も期待され、創薬や医療機器の研究・開発に繋げ、柏の葉から最先端医療創出に寄与する。


がん患者とご家族を24時間サポートする滞在環境をご提供するため、双方の知見を総合し、ケアスタッフによる体調不良時の緊急対応やNCC東病院の外来拡張エリア、オストメイト対応トイレ完備の客室など様々な機能を用意。また、本人同意のもと、ホテルと病院間で患者情報を共有するコミュニケーションツールを用いた患者情報を共有する仕組みや、がん患者さんに向けNCC東病院とホテル間を送迎するサービスもご用意している。


さらに、開業時には、AIカメラを使った緊急対応と、ロボットによる食事配送の試験導入や、デバイスでバイタルデータを測定するサービスも実施。データは、ご本人同意のもと、NCC東病院の医師が確認するほか、将来的には在宅診療の実証にも寄与する計画だ。1Fには、千葉流山市で人気のレストラン「丁字屋」が出店。緑豊かな景色を楽しみながらお食事ができる開放的なテラス席も設けている。また客室は、ゆったりと快適に過ごすことができ、ステイケーションとしてのご利用にも最適なつくりとなっている。

「三井ガーデンホテル柏の葉パークサイド」公式ウェブサイトより

記事カテゴリ
最新記事
アーカイブ