明日11月11日は「介護の日」

「介護の日」は「国民に介護の啓発を実施するための日」として毎年11月11日を「介護の日」と決定したもので、介護に携わる者だけでなく一般層にも広く介護に関する知識や理解、認識を深めてもらいたいという思いから、平成20年に厚生労働省が制定したものだ。


介護の日のキャッチコピーは「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」。11月11日は「いい日、いい日」の語呂合わせになっており、覚えやすく親しみやすいことから制定された。しかし「いい○○の日」で溢れる11月の中で、「介護の日」11日が語呂合わせの点で介護自体との関連性に無理が感じられる印象は否めない。それでも「介護の日」は制定から12年を経て徐々に浸透し、ここ数年は各地で介護について理解や認識を深められるイベントが盛んに行われてきた。高齢者の増加とともに介護を必要とする人も増加し、これまで以上に介護が私たちにとって身近な存在になりつつある正に高齢化社会。そんな今だからこそ、この日をきっかけにより多くの人々が介護について考え、関わっていくことが重要で、ますます意義のあるものになってきている。



記事カテゴリ
最新記事
アーカイブ