100歳以上の人口は9万526人、52年連続で過去最多を更新

全国の100歳を超える高齢者数は、「敬老の日」を前にした今年9月15日時点で9万526人に及ぶと厚生労働省が発表した。これまで9万人を超えたのは初めてで、52年連続過去最多を更新。全体の人数は前年に比べて4016人増となる。しかしながら増加幅で見ていくと鈍化の傾向が見られ、2020年は前年比12.9%増、21年が7.5%増で、今年は4.6%増だった。


女性は8万161人で、全体の約89%を占める。都道府県別でみると、人口10万人あたりの人数では、島根が142.41人で10年連続の最多。次いで高知が136.84人、鳥取が132.60人。最も少ないのは33年連続で埼玉の43.62人だった。






記事カテゴリ
最新記事
アーカイブ