SOMPOケアのサービス拠点「いきガイドステーション」にて「まごチャンネル」を展示中

株式会社チカク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:梶原健司、以下チカク)は、チカクが開発・販売するスマートフォンで撮影した動画や写真を実家のテレビに直接送ることができる「まごチャンネル」の展示をSOMPOケア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:鷲見隆充、以下SOMPOケア)のサービス拠点「いきガイドステーション」(東京都世田谷区)にて、2022年7月22日より実施している。


SOMPOケアでは、60歳以上のお元気な人や、介護が必要を必要とする人までより多くの高齢者が自分らしい毎日や社会とのつながりを楽しみながら生活できるようサポートする取り組みとして、2022年3月に新サービス「いきガイド」をスタート。その提供拠点として、世田谷区三軒茶屋で「いきガイドステーション」を運営している。


「いきガイドステーション」では、介護現場において多くの高齢者に寄り添ってきた経験豊富な職員が“ライフガイド”として常駐。高齢者お一人おひとりの日常のご要望やお困りごとに合わせ、「健康」「食事」「愉しみ」「見守り」「つながり」の5つのカテゴリーから、約60種類のサービスを提供。


「まごチャンネル」は、インターネット環境が不要で、使い慣れたご自宅のテレビリモコンで操作ができるので、高齢者や障害のある方でも不安なく利用ができる。また、テレビの大画面や大音量で視聴できることから、視力や聴力が弱い方でもご利用できる製品として、総務省の情報アクセシビリティ支援ナビに載録されている。こうした「まごチャンネル」の特性と「家族とのつながりを作り、見守りにも活用できる」点が評価され、「いきガイドステーション」で常設展示の運びとなった。ステーション内では実際にテレビモニターを使用して「まごチャンネル」での動画及び写真の視聴体験が楽しめる。

■展示概要

【展示場所】SOMPOケア いきガイドステーション

【住所】東京都世田谷区三軒茶屋1丁目37−8 ワコーレ三軒茶屋64ビル1階

【受付時間】午前9時~午後6時(土・日・祝日も受付)※年末年始除く

【展示期間】2022年7月22日(金)~

展示の様子

記事カテゴリ
最新記事
アーカイブ