リクルート主催「第8回GOOD ACTIONアワード」受賞を発表

働き方の多様化が求められる現代において一人ひとりがイキイキと働くための職場づくりや個人に光を当てるプロジェクトで、株式会社リクルート(本社・東京都千代田区、北村吉弘社長)が運営する『リクナビNEXT』は、3月2日(水)、「第8回GOOD ACTIONアワード」を受賞した9つの企業・団体を発表した。


大賞には警察官の仕事の意識を変え、定時退庁や有給休暇取得を推進したとして徳島県警察本部(小松島警察署)が選ばれ、一般社団法人KAKEHASHI、学校法人新渡戸文化学園、株式会社京屋染物店、株式会社日東物流、株式会社minitts、日本イーライリリー株式会社、日本生命保険相互会社が受賞し、高い離職率と採用未充足により人材不足が深刻化する介護業界にあってスタッフの負担軽減やモチベーション向上に向けた取り組みで離職率を改善し新卒採用100名という目標を達成したとして介護業界大手の株式会社ツクイが「Cheer up賞」を受賞した。


記事カテゴリ
最新記事
アーカイブ