厚労省、介護職員の必要数を公表。実績では2025年度で10万人不足。

厚労省は、7月9日、第8期介護保険事業計画に基づく介護職員の必要数について公表した。

厚労省の発表によると、2023年度は約233万人、2025年度には約243万人、2040年度には約280万人が必要となる。

2019年度の時点で約211万人の介護職員がいるため、2025年度までに約32万人、2040年度までに約69万人の増員が必要となるが、直近3年間の増員数は年平均3.7万人にとどまっており、2025年度の時点では約10万人の不足が生じる計算になる。その対策としては、


1.介護職員の処遇改善

2.多様な人材の確保・育成

3.離職防止・定着促進・生産性向上

4.介護職の魅力向上

5.外国人材の受入れ環境整備


など、国をあげて総合的な介護人材確保に取り組むとしている。


記事カテゴリ
最新記事
アーカイブ