厚労省が最低賃金を発表。東京は1,041円(時給)

 厚生労働省は8月13日、今年度の最低賃金(時給)の改定額を発表した。

引き上幅は過去最大で全国平均は昨年度から28円増の930円。10月上旬から適用される。


改定後の最低賃金の最高額は東京の1,041円で、神奈川1,040円、大阪992円、埼玉956円、千葉953円、京都937円と続き、全国平均を超えたのは上位6県となる。最低額は高知、沖縄2県の820円。




記事カテゴリ
最新記事
アーカイブ