SOMPOケアが「ネクサスコート」ブランドのネクサスケアを子会社化

売上高、拠点数ともに業界第2位の介護業界大手のSOMPOホールディングス傘下のSOMPOケア株式会社(本社・東京都品川区、資本金39億2,516万円、遠藤健社長)は1月21日、「ネクサスコート」のブラント名で北海道、東北、関東に介護付、住宅型の有料老人ホームを16ヵ所展開する株式会社ネクサスケア(本社・横浜市、資本金1億円、設立・平成18年、山木正幸社長)の発行済株式の全てを取得することについてネクサスケアの株主との間で合意したと発表した。取得金額は非開示。株式譲渡日は4月1日を予定。


ネクサスケアはSOMPOケアのサービスの提供価格帯の水準と近いことから潜在的シナジーも高いと考えており、今後はSOMPOケアグループとしてネットワーク、ブランド力を活用することでより多くの高齢者とそのご家族の暮らしに「安全・安心・健康」を提供し、世界に誇れる豊かな長寿国日本の実現を図るとしている。

SOMPOケアは今後5年間で介護施設を33拠点新設する計画だ。


SOMPOケア 介護サービス情報サイトhttps://www.sompocare.com/



記事カテゴリ
最新記事
アーカイブ