世界初・CT装置と生化学・免疫装置を同時搭載した移動型医療ソリューション「Medical-ConneX」

 保健・医療・福祉を業務とする伯鳳会グループ(理事長:古城資久)は、東京都指定災害拠点病院ならびに東京DMAT指定病院である医療法人伯鳳会 東京曳舟病院(所在地:東京都墨田区 病院長:山本 保博)に、新しいモビリティ・ソリューション「Medical-ConneX(メディカル・コネクス)」(シーメンスヘルスケア株式会社)の1号機を導入した。


 Medical-ConneXとは、医療法人伯鳳会を中心とした伯鳳会グループが高度な救急災害医療の提供を目的に、シーメンスヘルスケアと2017年にパートナーシップ契約を締結し、それに基づきシーメンスヘルスケアが開発。世界で初めてCT装置と生化学・免疫装置を同時搭載した移動型医療ソリューションは、災害医療に加え、新型コロナウイルス対策医療においても活用が期待されている。

火災発生~Medical-ConneX出動展開イメージ


「Medical-ConneX」は検査用車両と電源車両の2台編成で、内部にCT装置、可搬型X線撮影装置、免疫生化学分析装置、自動血球装置、血液ガス分析装置、超音波画像診断装置、AI画像解析ソフトウェア、ITクラウドシステム、診療情報管理システム、ベッドサイドモニターなどを装備し、単独運用から医療機関との連携運用までをカバーできるシステム構成を備える。


 被災地で損なわれた医療機能の復旧には時間を要し、域外搬送が困難な事例も少なくない。この車両を被災現場に迅速に展開することで、現地での医療水準を改善させるとともに、トリアージ精度の向上を図る。

記事カテゴリ
最新記事
アーカイブ